今月の読みどころ・飲みどころ

10月号は日本の赤ワイン特集です。
日本で生まれた固有の品種マスカット・ベーリーA、ほぼ同時期にオーストリアで誕生し、北日本を中心に栽培されるツヴァイゲルトに注目し、日本のトップソムリエ3人がこの品種からのワインについて大いに語ります。
現地取材は山形、新潟、長野、山梨へ。進化し続ける日本のワイナリーには常に新しい発見がありました。

そして、深まる秋にひやおろしを。夏を越えておいしくなった日本酒を探りました。

みのりの秋に充実の日本のワインと日本酒を楽しみましょう!

8-54

日本の赤ワイン特集
8-12 日本のワインの未来を担う赤ワインたち

14-25

石田博×岩田渉×田崎真也が利く「マスカット・ベーリーA」と「ツヴァイゲルト」

26-27

栽培・醸造家の平山繁之の視点で見るツヴァイゲルト

13/28-32

マスカット・ベーリーAの現場から●安田まり/稲垣敬子
――タケダワイナリー/白百合醸造
33-35

生誕90年 マスカット・ベーリーAのふるさと「岩の原」へ●庄野純子

36-39

シャトー酒折ワイナリーのマスカット・ベーリーA & シラー
40-41 グラスに描かれる 「塩尻」というテロワール●庄野純子
42-43 新生サントネージュの挑戦
44-45

シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー シグナチャー ポン・デ・ザール2013

46-48

「高畠ブランド」の構築に向けて 高畠ワイン100年構想●安田まり

49-53

日本のワインあ・ら・か・る・と
――MGVsワイナリー/ドメーヌ ミエ・イケノ/勝沼醸造/シャトー・メルシャン/シャルマンワイナリー/ワイン醸造における亜硫酸の重要性byジル・ド・ルベル教授

54

田崎真也が利く日本のワイン9種

56-58

ナチュラルワインの世界観<3>
ヴェストシュタイヤーマルクのシュトローマイヤー●北嶋裕

55 高橋佳子の南アフリカワイン研修の現場<2>
59

ワインを詠む〈115〉●山本昭彦

68 ワインやSakeが飲みたく本は、ないか?〈123〉●飯塚十ニ
69 古酒礼賛+巡礼〈90〉●秋津壽翁

70

葉山考太郎のワイン漫筆〈185〉
7 今月の一枚 by Tomoko EBISAWA
60-67 Sakeヴィノテーク ひやおろしを楽しむ 
60-61 酒は友だちB「お、ひやおろしの時季だ。」●コダーマン
62-64 熟成が育む日本酒のうまみこそがひやおろし
65-67 田崎真也が利く「秋酒・ひやおろし」25種
71 編集後記「ワインと食とSakeのある風景」
72 ワイン&Sake会カレンダー

1-5 ワイン・バイイング・ガイド「田崎真也セレクション」〈148〉

<次号予告>
ヴィノテーク11月号は「イタリアワイン特集」です。
長く深い歴史に支えられた多様なイタリアワイン。ネッビオーロの郷ピエモンテや話題性豊かなシチリアをはじめ、旬な産地にスポットを当て現況をレポートします。味覚の秋にふさわしく、食がますます豊かになるようなワインの発見があるはず。オーストリアワインの最新情報も現地から伝えます。どうぞお楽しみに。

1980年4月号創刊の、ワインと食とsakeと「ヴィノテーク」は、月刊誌です。
「ヴィノテーク」は、毎月、読者の方々に直接郵送する、年間定期購読をおすすめしております。

1年分の年間定期購読料は、12冊・送料・税込で15,000円です。 2年分の年間定期購読料は、24冊(+1冊サーヴィス)・送料・税込で30,000円です。
振り込み手数料はご負担ください。

年間定期購読料の返金はいたしかねます。
お申し込みは、上記右ナビゲーションの「年間定期購読申し込み」ボタンをクリックしてください。
「ヴィノテーク」は、次の書店、ワインショップで販売しています。