今月の読みどころ・飲みどころ

ヴィノテーク2018年2月号は「今、熱いポルトガル」特集です。
ポートワインやマデイラワインもあるけれど、今、スティルワインに注目です。250種もの固有品種があり、そこから個性あるワインが次々と生まれています。その中でも特に躍進するヴィーニョ・ヴェルデ、新しいドウロワイン、そしてナチュラルワインの新潮流も見逃せません。古くて新しい国、ポルトガルを探ります。そして2018年注目の産地として、フランスのコルシカとシュッド・ウエストを取り上げます。これらも固有品種が豊富にあり、独特の気候風土をもった産地です。新たなワインとの出会いがきっとあるはず!

6-31

特集・今、熱いポルトガルワイン●蛯沢登茂子
6-7 話題のポルトガルワインを知る

9-13

今、熱いポルトガルワイン
――注目のヴィーニョ・ヴェルデ、アンフォラやビオワインなどスタイルの革新、急浮上品種など最新を追う

14-15

250種もの葡萄の国――主要品種解説

16-23

多彩さを増すヴィーニョ・ヴェルデ
24-27

ザ・ニュー・ドウロワイン

28-29

ポルトガルワインの大潮流がやって来る! ビオやナチュラルワインに注目
30-31 田崎真也が利く話題のポルトガルワイン13種
32-35 2018 浮上するワイン産地を追う 「コルシカ島のワイン」●吉田節子
36

君嶋哲至が語る「冷涼感のあるコルシカワイン」●稲垣敬子

37-39

2018 浮上するワイン産地を追う「トレンドのカギ 固有品種をもつシュッド・ウエスト」●編集部/保田真代

40-44

気候変動で見直される伝統の価値「モーゼルの進化と回帰」●北嶋 裕

45-47

シャトー・ラグランジュ「愉悦の一夜」●稲垣敬子

48-49

最高評価ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2012を来日生産者と利く

51 ProWein2017から見るProWein2018への期待●吉田節子革新を越えたスペインワイン ビンタエ
52-53

バルデペーニャスのコストパフォーマンスを追う●蛯沢登茂子

54-55 マーガレット・リヴァーのルーウィン・エステートの進化●安田まり
58-60 収穫情報2017
――ボルドーのシャトー・ラグランジュ/ギリシアのキリ・ヤーニ/モーゼルのゼルバッハ・オースター/カリフォルニア

50

ワインを詠む〈119〉「大物の移籍相次ぐ どうなる世界のワインメディア」●山本昭彦
61 古酒礼賛+巡礼〈94〉ヴージョ・ブラン ●秋津壽翁
62 葉山考太郎のワイン漫筆〈189〉「2017年の年末ワイン日記」
5 今月の一枚 by Yutaka KITAJIMA
56-57 クローズアップワインNOW!!
――ブルーノ・パイヤール/ピエール・ペテルス/デュヴァル・ルロワ
63 編集後記「ワインと食とSakeのある風景」
64 ワイン会カレンダー

1-3

ワイン・バイイング・ガイド「田崎真也セレクション」〈151〉
ベスト・ワインはリオハのグラン・レセルバ


<次号予告>
ヴィノテーク2018年3月号は「肉にワイン!」特集です。まだまだ続く肉ブーム。せっかくなら一緒にワインも楽しみましょう。ワインを愛する肉のプロフェッショナルに話を伺い、肉の視点からワインとの相性を探ります。世界中のおいしい肉とそこにまつわるワインを探す旅、真にワインと食を愛する人たちの肉ワインアドレス、などなど、肉料理とワインを食べたく飲みたくなるような号です。どうぞお楽しみに。

1980年4月号創刊の、ワインと食とsakeと「ヴィノテーク」は、月刊誌です。
「ヴィノテーク」は、毎月、読者の方々に直接郵送する、年間定期購読をおすすめしております。

1年分の年間定期購読料は、12冊・送料・税込で15,000円です。 2年分の年間定期購読料は、24冊(+1冊サーヴィス)・送料・税込で30,000円です。
振り込み手数料はご負担ください。

年間定期購読料の返金はいたしかねます。
お申し込みは、上記右ナビゲーションの「年間定期購読申し込み」ボタンをクリックしてください。
「ヴィノテーク」は、次の書店、ワインショップで販売しています。